コミックボンボンと超戦士ガンダム野郎

今日はちょっと、懐かしいマンガについて書かせていただこうと思う。

今から30年ほど前、「SDガンダム」「BB戦士」「カードダス」などがめちゃくちゃ流行った。

当時、ブームにあやかって、一つのマンガが生まれたのだが。

そのマンガのことを最近ふと、思い出したのである。

超戦士ガンダム野郎」というのだが、ご存知だろうか?

ガンプラで戦っていくストーリー

超戦士ガンダム野郎。

↑「ちょうせんしガンダムやろう」ではなく、「ハイパーせんしガンダムボーイ」と読む(かなりの当て字)笑


なぜかは分からないのだが、四十路も過ぎた今、急にこの漫画の存在を思い出した。

早速ネットオフで調べたら110円で売っていたので、購入↓

超戦士ガンダム野郎

いや~、童心に返った気分で、懐かしかった。


おおまかに言うと、SDガンダム好きの主人公がガンダム研究会(通称、G研)に入って、シミュレーターでいろんな人とバトルをするお話

超戦士ガンダム野郎

プラモデルを操る・・・と言うか、あたかもプラモデルの一部になったみたいに戦うので、

超戦士ガンダム野郎

プラモがやられただけなのに「ぎゃ~」と叫んだり、血しぶきの描写もある(ありえない話だが)笑

一見破天荒なマンガだが、当時SDガンダムが好きな人は読んでいたのでは?

追記:そういえば、「プラモ狂四郎」というマンガもあったが、作者は同じだそうだ。

どちらかと言うとプラモ狂四郎の方が知名度は高かったのかな?)

コロコロコミック vs コミックボンボン

この超戦士ガンダム野郎、当時コミックボンボンに連載されていて。

コミックボンボン、今もあるのかな??

※↑ググったところ、2007年に廃刊になっていた。

当時、月刊少年マンガといえば「コロコロコミック」と「コミックボンボン」が二大巨頭だった。

周りはほとんどコロコロを読んでいたが、筆者は断然、ボンボン派だった。


ボンボンはコロコロに比べ、当時流行っていたもの(ガムラツイストやミニ四駆、SDガンダムなど)を徹底的に掘り下げて特集を組むスタイルで、ホビー好きにはうってつけだった。

次の発売日が待ち遠しかったりしてね。

なので、廃刊は残念。

(コロコロコミックはまだあるようだ。さすが強い。)

まとめ

と言うことで、またまたマニアックというか、懐かしいマンガ作品を紹介させていただいた。

ちなみにこの漫画、9歳の息子に読ませたら、案の定今ガンダムにハマりつつある。

やはりいいものは世代を超えても愛されるものである。

ということで、今度は駿河屋BB戦士を購入した。

BB戦士 GF13-011NC SDガンダム G-GENERATION-0「No.26 ドラゴンガンダム(ドラゴンクローモード) 」

それについてはまた次の記事にて。


いつもお読みくださりありがとうございます☆

大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする