シャッター商店街マスコット

先日、大人買いして気をよくした筆者は、1週間も経たないうちに次なるネタを物色。

今日届いたのでご紹介したい。

その名も、「シャッター商店街マスコット」である。

やはり建物・風情ものはJ.Dream!

今回のこの色物(いろもの)は、前回に引き続きJ.ドリームの商品。

あいかわらず、安い順に検索してポチった。

シャッター商店街マスコット

新品、送料込み970円である。安い。

毎回フルコンプして紹介するYou Tuberなどがいるが、彼らはよほど予算があると見える。

しがない自営業の筆者に、そんな余裕はない。

ミニチュアに限っては基本、「安くていいものを」である(笑)

それではディテールを↓

シャッター商店街マスコット

2021年7月発売。

1回300円。

全5種。

1.電気屋
2.時計屋
3.おもちゃ屋
4.たばこ屋
5.ブティック

シャッター商店街マスコット

ただの商店街にあらず、「シャッター通りの商店」というのが何とも哀愁漂う。

日本全国で見られるこの現象。

やはり、時代の波には逆らえない。

それではさっそく開けていこう。

(今回もランダムに。)↓

おもちゃ屋

シャッター商店街マスコット

まず出たのがこちら「おもちゃ屋」。

確かに、昔は需要があったはず。

シャッター商店街マスコット

いや~、何とも懐かしい雰囲気。

シャッター商店街マスコット

色あせた看板の感じなど、本当に風情がある。

シャッター商店街マスコット

シャッターは取り外せて、

シャッター商店街マスコット

半開きにすることも可能。

タバコ屋

シャッター商店街マスコット

続いて出たのがこちらの「タバコ屋」。

内袋に入っている状態からすでにシャッターが半開きで、なんとも哀愁漂う(笑)

シャッター商店街マスコット

こちらも、とにかく色あせた看板・シャッターの状態が忠実に再現されており、思わず見惚れる。

電気屋

シャッター商店街マスコット

こういった電気屋さんなんかも、大手が進出してからとんと売れなくなった印象。

ただ、個人の電気屋さんは今も意外にある。

筆者の実家の近くになじみの店があり、大手に比べて明らかに高いんだけど、付き合いもあって親はそこで買ったりしてた。

故障した時とか、呼べばすぐに飛んできてくれる便利さもあり、この辺りは大手にはない魅力だ。

だから今でもそこそこ需要があるのだと思う。

↑ちなみに、筆者の地元では昔、こんなCMが流れていた。

こうやって個人商店が組合を作り、共同で宣伝したりするのは普通だった。

時計屋

シャッター商店街マスコット

時計屋さんも、もはや古き良き時代の産物という感じがする。

今や安くていいものが量産され、どこでも手に入るし。

そういえば、時計屋というと旧友のエピソードを思い出す。

彼はまだ20代にもかかわらず、「こういうお店が味があっていいのだ」と、ネットやショッピングモールでなく、あえてシャッター通りの店で腕時計を買っていた。

その店も今はもう無いが、彼のような客はお店側もありがたかっただろうと思う。

ブティック

シャッター商店街マスコット

最後は「ブティック アネモネ」が出た。

(毎度、ネーミングにセンスを感じる。

ありそうで無さそう、無さそうでありそうな感じが絶妙。)

小規模の洋装店だが、こちらは意外にも、今でも割と見かける。

特に年配の方などは、こういうお店の方が行きやすいし買いやすいのではないかと思う。

まとめ

ということで、今回も大満足の品ぞろえだった。

シャッター商店街マスコット

全部並べると、とても絵になる。

シャッター商店街マスコット

ミニチュアでちょっとした商店街の雰囲気も作れる。


哀愁を感じつつも、どこか楽しい商品。

今はまだプレミア価格になっていない。買うなら今!である。

好きな方はぜひ。



大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする