リーメント ぷちサンプルシリーズ第6弾 「日本縦断 駅弁紀行」|シークレット含む全11種ご紹介

全11種セット 「ぷちサンプルシリーズ 日本縦断 駅弁紀行」リーメント

北は北海道から南は九州まで。



リーメントを勝手におさらい、今日はぷちサンプルシリーズ第6弾「駅弁紀行」です。

ぷちサンプルシリーズ第6弾 「日本縦断 駅弁紀行」

  • (株)リーメントより2003年4月発売
  • 定価250円+税
  • 全10種+シークレット1種
    1. 北海手網弁当
    2. かにめし
    3. いかめし
    4. いちご弁当
    5. 牛肉どまんが中
    6. だるま弁当
    7. ひつまぶし
    8. ひっぱりだこ飯
    9. デラックスふぐ寿司
    10. 栗めし
    11. 【シークレット】ニギリメシ


駅弁って美味しいですよね。

「電車の中で、風景を見ながら食べるから美味しい」ってのもあるかもしれませんが、意外とふつうに家で食べるのも人気で、デパートなどでよく「駅弁フェア」とかやってますもんね。


それでは順番に見ていきます↓↓

北海手網弁当(北海道)


色とりどりで、めちゃくちゃ豪華!

かにめし(北海道)


これ実際に持っていたことがあるのですが、このお弁当だけ、ディテールが少し粗めな気がしました。

とはいえ、忠実に再現しているとは思うのですが。

だからなのか、これだけいつも、相場が安いです。

(2022年現在、300円で買えます。)

いかめし(北海道)


イカにツヤがあってリアルですね。

それにしても、駅弁は見た目がすごい。

(もちろんイイ意味で。)

いちご弁当(岩手県)


「いちご」と聞くと、ストロベリーの方を思い浮かべてしまいます。

なぜ「いちご弁当」と呼ばれているのかというと、

【ウニを煮ると丸っこくなって、黄イチゴみたいになるから】

だそうです。

牛肉どまん中(山形県)


ネーミングがすごい。

たしかに、牛肉がめちゃくちゃ入ってる!(笑)

だるま弁当(群馬県)


これも割と有名ですね。

だるまの容器なので「だるま弁当」ですが、かんじんの中身はというと、煮物などが多く、ヘルシーです。

ひつまぶし(静岡県)


これも有名。(愛知県のも有名ですが。)

ひつまぶし = ウナギ。

最初、絶対「ひまつぶし」と読んじゃいますよね(笑)

ひっぱりだこ飯(兵庫県)


これはそれこそ、駅弁フェアで買って食べたことがあります。

美味しいのは当たり前ですが、器(うつわ)がとにかく個性的で、捨てるのがもったいないくらいでした。

(何かを入れるのに十分な容量。

でも洗ってもまだ少し食材のにおいが残るので、結局使わずじまいだった。)

デラックスふぐ寿司(山口県)


ふぐで有名な下関の弁当。

(さっきから個性的な容器が続きますね^^;)

栗めし(熊本県)


こちらも「The、栗!」と言わんばかりの容器。

とにかくどれもクオリティーが高い。

【シークレット】ニギリメシ


シークレットはおにぎり🍙2つと、謎のおじさん。

正式には「匠のおじさん人形」というらしいのですが、一体誰なのでしょうか?(笑)

ちなみに日本初の駅弁は、こんな感じだったそうです。

そう考えると感慨深いですね(さすがシークレット!)。

「駅弁紀行」の相場

「駅弁紀行」の相場はそんなに高くなくて、2022年現在、単品だと300円台からあります。

でも「ひっぱりだこ飯」は千円前後。

ようするにこれもピンキリです。

コンプだと、これまた現在は「品切れ」状態。

「買取価格2,000円」と書いてあるので、そこそこプレミア価格になっていると思います。



まとめ

ということで、今回も素敵なフィギュアでした。

こちらの商品は過去にいくつか買ったことがあって、記事にもしているので、ディテールなど興味がありましたらぜひご一読ください ↓↓






大人買いを楽しむ男、ハピたけ

ミニチュア好きアラフォー。 コンプはなかなかできないけど、読んでくれた方が「こんなのあるんだ」「これいいな!」と新たな発見をしてくれたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする