トミーテック ジオコレ 建物コレクション vs 風物詩シリーズ

年の瀬にヨドバシ・ドット・コムから商品が届きました。

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 送料込み1,260円

珍しくジオラマの購入。

今年もお疲れさまでしたということで、まあ自分にご褒美的な。

しかも「農家」という、なんとも風情あふれる逸品。

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

初めから塗装済みなので、楽ですね。

それ以外は特に何の予備知識もないままの購入となりましたが、早速ご紹介させていただきます↓

意外と小さく、かわいいジオラマ

届いた時の箱があまりにも小さくて驚きました。

もっと大きいものを想像していたからです。

まあミニチュア好きとしてはいい感じのサイズですね。

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4]  (2)

チョコエッグマリオと大きさ比較。

ジオラマ系としてはそんなに大きくないと思いませんか?

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4]  (2)

組み立てもそんなに難しくない感じ。

一応接着剤が要るようですが、無くてもいいのでは?と思い、そのまま作ることに。

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4]  (2)

(結局、息子がほとんど作った^^;)

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4]  (2)

完成! これはいいですね。

昔よく見られた、田舎の家の風景

それではディテールを↓

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

正面から

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

横から

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

横から

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

後ろから

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

横(反対側)から

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

壁の汚れ具合がまたリアルでいい!

なんか昔の田舎の風景、じいじゃんばあちゃん家を思い出しますね。

ちなみに、息子はあまりピンときていませんでした。

今こういう家はかなり田舎の方に行かないと見られないので、当然ですね。

早速、個性的な遊び方をしていました(笑)

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

一般的なぷちサンプルとの大きさ比較

まとめ(風物詩シリーズと比較)

いかがでしたか?

初めから塗装してあるし、接着剤もほぼ不要で、組み立ても楽(8歳の息子でも作れたのですから)。

なかなかいい商品です。

似た商品に「風物詩シリーズ」のプラモデルがありますが、あれらをもっと簡単にした商品と言ってもいいかと思います。

トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4] 

(風物詩シリーズとの大きさ比較)


ただし!

風物詩シリーズは、細かすぎて作るのが面倒な分、完成した時の喜びは大きいです。

それに比べ今回のこのジオコレは、比較的簡単に作れるため、正直感動は薄いです。

値段もジオコレの方が高いので、コスパ的には微妙な気がしています。

(個人的な感想になり恐縮ですが。)

結局、どちらを選ぶかだと思います。

自分の好みで塗装し、よりオリジナリティを出したいなら風物詩シリーズ。

もっと手軽に、簡単にジオラマを楽しみたいのなら、このジオコレでしょうね。

それぞれに良い点がありますので、用途に応じて購入するとよいかもしれません。

↑特に、こういった商品は仕事で使う人も多いと聞きます(建築関係でしょうか(?))。

手軽に用意できる外観模型ってことで、便利ですよね。


以上、「トミーテック TOMYTEC ジオコレ [建物コレクション 003-4 農家C4]」のご紹介でした。

本年もありがとうございました。皆さま良いお年を^^

大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、メガドラ、ストⅡ世代です。 昔からなぜか細かいディテールものが好きでした(性格は意外と大雑把な面もありますが・笑)  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にミニチュアの魅力をお伝えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする