コンプは難しい(?)、セリアの「発掘!レジェンドソード」

息子が1年ぶりに、セリアの 「発掘!」シリーズにハマっている。

Seriaのミニチュアについて以前書いた。よろしければ↓



「実在の武器」がモチーフ(?!) 発掘!レジェンドソード

発掘!レジェンドソード

今回ハマってしまったのは、「発掘!レジェンドソード」という商品だ。

発掘!レジェンドソード

地層を掘ると、中から武器が出てくる。

この武器というのがなかなかのラインナップで、↓

発掘!レジェンドソード
発掘!レジェンドソード

「架空のものかな?」と思いきや、実際に太古の昔に使用されていたとされるものばかり。

(魔術師の杖のようなものもあるけど、本当にそれも実在したの??) 

発掘!レジェンドソード

それにしても、ちょっと怪しいパッケージ。

(誰が写ってるんだこれは)笑

発掘!とにかく発掘!

それでは発掘していこう↓

発掘!レジェンドソード

「掘れ!」

発掘!レジェンドソード

今回も慎重に発掘。

発掘!レジェンドソード

さすが息子、手慣れたものだ。

発掘!レジェンドソード

「ハルバード」が出た。

そして後日・・・

発掘!レジェンドソード

4箱目にして「レア・アイテム」(シークレット)が出た。

(意外と早かった。)

発掘!レジェンドソード

でも実はこれ、通常アイテムに金色のペイントが施されただけの仕様なのである。

こんな感じでどんどんハマっていき・・・

発掘!レジェンドソード

コンプするぞ!と意気込み、来る日も来る日も掘り続け・・・

発掘!レジェンドソード

ついには20箱近くにもなり(笑)

発掘!レジェンドソード

コンプまであと1個! というところで、断念した。

13個もそろえられたので、上出来だろう。

発掘!レジェンドソード

ダブりも出たが、色を塗ったりしてそれなりに楽しんでいた。

発掘!レジェンドソード

他のミニチュアと大きさ比較

ままごとにも大いに活用


↑個人的には、ポーズスケルトンなんかに持たせるとより不気味さ(?)が出てよろしいのではないかと思った。

まとめ

ということで、相変わらず楽しい商品である。

トレーディング商品なので何が出るか分からないお楽しみ感があり、発掘する楽しみもあり、値段も安い。

発掘!レジェンドソード

結構集中してやるので、忙しい時、お子様の相手をする時間が無い時などには一役買うと思う。

シークレットを入れて全14種もあるので、コンプは大変だが、まあダブってもたかだか110円である。

リーメントのぷちサンプルなどと比較すると、まだ手が出しやすいのではないだろうか。



もしそろえたいなら、やはりBOX買いになる。

だが・・・

↑ご覧の通り、この「発掘!シリーズ」に関しては、BOX買いがとにかく高くつくのである。

まあちまちまとそろえるよりは手っ取り早いけれども。

そこまでしなくていいと思うなら、セリアで根気よく買い続けるか、我が家のように途中で諦めるかどちらかすればいいと思う(笑)

この「発掘!」シリーズは他にもたくさんあるので、自身に合ったものを試してみるといいだろう。

例:「発掘!海洋生物」「発掘!化石恐竜」「発掘!貝殻コレクション」「発掘!ラッキーストーン」など。

自分のお気に入りを発掘してみてほしい。


以上、今回は「発掘!レジェンドソード」のご紹介でした。

大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする