「江戸時代の文化」に触れよう。大江戸ジャポニズム

駿河屋の購入品、今日は2つ目のご紹介。

大江戸ジャポニズム (
リーメント ぷちサンプルシリーズ「大江戸ジャポニスム」(660円で購入)


これまた変わり種、江戸時代の文化にスポットを当てたという渋い商品。

2019年発売。

定価750円(税別)と少し高めだが、値段だけのことはある、豪華な一品。

早速ご紹介させていただこう↓

「大江戸ジャポニスム」ラインナップ

まずはラインナップから↓

やはり、どれもシブい(笑)

どれも風情あるけど、

大江戸ジャポニズム

しいて言えば、この辺りが好みかな。

「大江戸ジャポニスム」開封

大江戸ジャポニズム

それでは、いざ開封!

大江戸ジャポニズム
「1. 青物市に物売りの声」

珍しく、ドンピシャだった(笑)

大江戸ジャポニズム

並べてみるとこの通り。豪華だ!


従来のぷちサンプルよりちょっと大きめかな?と思ったが、

大江戸ジャポニズム

並べてみると、いい感じになじんでいた。

「青物市に物売りの声」ディテール

それではディテールを↓

大江戸ジャポニズム

大根、ニンジン。質感がグッド!

大江戸ジャポニズム

お魚の光り具合がグッド!

大江戸ジャポニズム

桶と笠。これも風情ある!

大江戸ジャポニズム

これはかなり小さくて、最初「何かな?」と思ったが、よく見たらお金だった。

大江戸ジャポニズム

ちょっとした紙製のプレート付き。

大江戸ジャポニズム

小冊子には畳(ござ?)が。

まとめ

大江戸ジャポニズム

早速息子が気に入りって遊んでいる。

大江戸ジャポニズム

こんな使い方もアリか(笑)

あまり期待していなかったが、なかなかの良品だった。

また買おうかなと思えた。

駿河屋はこうして、発売日が過ぎても単品買いができるからいい。

(あと、ヨドバシ・ドット・コムも。)

アマゾンにはBOXしかないので。

まあ全部そろうのはうれしいことだが、「何が出るかわからないお楽しみ感」が欲しいので、個人的には単品買いを選んでしまう。

好きな方はぜひ。

以上、「「江戸時代の文化」に触れよう。大江戸ジャポニズム」でした☆

大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする