手のひらサイズの公衆電話!「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」

駿河屋から届いたカプセルトイ、今日は2つ目のご紹介だ。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション
タカラトミーアーツ NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

(中古)400円。

またユニークなものが届いた。

最近は公衆電話もあまり見かけなくなったが、

その公衆電話をまるごとミニチュアにするという発想がもう、素晴らしすぎる(笑)

若干レア価格だが、単品ならまだ安い

発売は2019年。

価格は300円(税込)と、意外と安い。

(最近は高めのカプセルトイが多いので。)

だけど、今はやっぱりレア価格になっているようで。

アマゾンではこの通り↓


めちゃくちゃプレミア価格!

↑でもこれは、あくまでコンプリートの話。

単品であれば、今回のようにまだ400円ほどで買えるものある。

(今後は分からないが。)

ラインナップ

ラインナップは以下の6種類↓

・MC-D8(アナログ公衆電話機)
・DMC-7(ディジタル公衆電話機)
・MC-3P(アナログ公衆電話機)
・新形赤電話機
・デュエットホン
・金色の公衆電話機



順不同になるが、早速見ていこう↓

新形赤電話機

この赤色の電話は、さすがに若い方は知らないかも。

(筆者もギリギリ知っているか否か、くらいかな。)

古きよき映画の一場面とか、タバコ屋の前に置いてあったりする。

MC-3P(アナログ公衆電話機)

アラフォー世代で一番馴染みがあるのはこの辺りじゃないだろうか?

MC-D8(アナログ公衆電話機)

こちらも上のと似ているが、デザインが少し異なる。

現存する公衆電話で一番新しいものらしい。

金色の公衆電話機

レア扱いの金色バージョン。

架空のものかと思いきや、

「当時の皇太子さまのご成婚に際し、お祝いの意味を込めて特別に作られたもの」

ということで、ちゃんと現存するというから驚き。

デュエットホン

これもレア扱い。

この冗談みたいなデザインの電話も、れっきとした、現存するものなのだそう。

3人同時に通話ができるとかで、地域限定のものらしいが・・・こんなのあるなんて知らなかった!

DMC-7(ディジタル公衆電話機)

そして今回届いたのがこの「デジタル公衆電話」。

今のとそこまで変わらない気がするが、「1996年製」と意外と古いものらしい。

ディテール紹介

それでは詳しく見ていこう。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

この堂々としたたたずまい。

キーボードが写っちゃってるけど、それが無ければミニチュアだと気づかないくらい(?)

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

受話器もこうして、本体とつながっており、

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

どこを見ても、本物さながらのディテールが再現されている。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

いや~細かい!

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

小銭の返却口もリアル。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

裏面のみ、意外と素朴な作りだった。

(本物はどうなってるんだろう?と思って画像検索したところ、配線があった。

まあそこまで再現しなくても、申し分のないクオリティーである。)

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

シールも貼れる仕様。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

他のミニチュアと大きさ比較。

まとめ

ということで、これまでに色々とカプセルトイに触れてきたが、

中でもこの「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」、個人的にかなりの良作だと思う。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

あまりの出来の良さに、思わず息子も遊んでいた^^

遊んでも良し、飾っても良しの逸品。

興味のある方はぜひ。



大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする