今、気になるミニチュア

今日はちょっと、変わった感じでお届けしたい。

いつもは実際に手に取って、「これはいい」と思ったものだけを紹介するというスタンスでやっているが、

正直、いつも大人買いをしているわけではない。

そんな散財もできないし、時には書くネタがない時もある。

なので今回は、筆者が今気になるもの、そのうち買うかもしれないもの、「何だこれは?!」的なトンデモものなどを紹介させて頂こうと思う。

癒しを求めて、盆栽のミニチュアはいかが?

まずはアイピーフォーのカプセルトイ、その名も「盆栽Bonsai」。

その名の通り盆栽をミニチュアにしたという、ユニークな商品。

コロナの影響でおうち時間が増え、特に都会の人などは、若い人でも癒しを求めて盆栽を買う人が増えたと聞く。

こちらは本物ではないものの、リビングやデスクに置いておけば癒しになること間違いなし。

ポップに「本物ではありません」とでかでかと書いてあるが、確かに、間違える人もいるかもしれない。

それくらいハイクオリティーなのだと予想する。

感情を持った信号機

続いては、「TAMA-KYU 押しボタンくん」。

TAMAKYUという会社の商品らしいが、筆者は初めて聞いた。

歩行者用信号機のミニチュア。

だがそれだけに終わらない。

よく見たら「感情を持った信号機」というサブタイトルが付けられており、ノーマルの「おまちください」以外は、

「おかしください」「ほめてください」「おはしください」「やめてください」

と、あろうことかダジャレで展開。

何とも言えない、苦笑するしかない(だけど憎めない)感じの商品である(笑)

アメリカンな工具

つづいては、「BOSCH ミニチュアコレクション 2 プロテクションシリー」。

(株)ケンエレファントの商品。

工具系だが、どこかアメリカンな雰囲気が漂う。

↑アマゾンの商品ページに現在1つだけレビューがあるのだが、

「物自体は良く作られています。ただ何に使ったらいいか検討中です!」

とあり、星たった2つである(笑)

それを言ったら元も子もないと思うのだが(笑)

こういった商品は、目的うんぬんじゃなくて、ただ飾ったりするだけで癒されるのだから。

海外系のドールハウスとかに映えるのではないかと思う。

花札さえもカプセルトイに

ほら、これだって、「なぜこれをミニチュアにしようと思った?!」と言わんばかりの商品じゃないか(笑)

その名も「立体花札図鑑」。

トイズキャビンという会社の商品。

(さっきから、聞いたことのない名前ばかり。カプセルトイ業界では有名?)

花札の図柄を立体的にしてミニチュアにしたという、これぞ変わり種商品。

花札は、日本固有の伝統的なカードゲーム。

風情を楽しめる商品だと思う。

まとめ

世の中には、まだまだ魅力的なカプセルトイがい~~~っぱいある。

キリがないので、今日はこの辺で。

いつもお読みくださり、感謝である。

追記

こんなチャンネルを見つけた↓

カプセルトイが出るたびに、フルコンプで紹介してくれている。

こうして動画で見ると、より分かりやすい。

こういう動画を見ると、筆者とは真逆のスタイルで、とても適わない思う。

(筆者はめったにコンプしないし、文字と画像だけという昔ながらのスタイルなので。)

だが、自分ではこのブログスタイルの方が性に合っているので、今後も続けていこうと思う。

これからも当サイトをよろしくお願いいたします☆

大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする