昭和50年代ノスタルジックシリーズ 商店街のおもいで|全10種 紹介します

全10種セット 「昭和50年代ノスタルジックシリーズ 商店街のおもいで」メガハウス

風化しつつある商店街の風景。



今日はメガハウスの「ノスタルジックシリーズ 商店街のおもいで」を振り返ってみようと思います。

(これまでのシリーズは以下をご参照ください ↓↓)



昭和50年代ノスタルジックシリーズ 商店街のおもいで

  • (株)メガハウスより2004年9月発売
  • 定価250円 + 税
  • 全10種
    1. 洋食屋さん
    2. お花屋さん
    3. 酒屋さん
    4. ケーキ屋さん
    5. パン屋さん
    6. 駄菓子屋さん
    7. 薬屋さん
    8. お買い物セット
    9. 八百屋さん
    10. 魚屋さん


なんとなくリーメントに似た雰囲気が。


それでは順番に見ていきます↓↓

1.洋食屋さん


おお、これは。

メニュー(食品サンプル)のディスプレイですね。

この辺りは当時リーメントでもやっていなかった趣向。

2.お花屋さん


これも「ノスタルジック」なのかな?

こういう売り場って、今もありそうだけども。

3.酒屋さん


これも味がありますね。

よく冷えてそうだ♪

4.ケーキ屋さん

これもかわいい。

いやしかし、ノスタルジックという感じはしませんね。

今でも通用する。

5.パン屋さん


パン屋さん。

商店街って色々なお店が集まってて、楽しい感じですよね。

今はショッピングモールがその役割を担っているわけですが。

6.駄菓子屋さん


駄菓子屋さんはノスタルジックですね。

特にこのミニチュアは、ほんとうに昔の駄菓子屋 がモチーフという感じがします。

(プリンとか とか コマ とか まねき猫人形とか。)

7.薬屋さん


これも味がある。

薬局はなぜか、こういう「イメージキャラクター」的なものがいることが多いですね。

薬を売る場所なので、そもそも楽しい気持ちで来るお店じゃない わけですからね^^;

できるだけ楽しい雰囲気にするために、キャラクターがいるのかもしれない。

8.お買い物セット


ああ、これはすごくノスタルジックですね。

手押し車の柄もそうだし、「がま口タイプ」の財布もそう。

カゴに大根が入ってるのも いかにも。

9.八百屋さん


八百屋さんという概念も、今や風化しつつある昨今。

もちろん、あるところにはありますが。

昔はこういう所で野菜を買うのが普通でしたからね。

10.魚屋さん


魚屋さんも然り。

氷に入った魚の質感もいいし、量りとか、まさにノスタルジック!

猫が坂をねらってるのもイイ感じ(笑)

まさにサザエさんの風景。

まとめ

ということで、今回は「商店街のおもいで」を紹介させていただきました。

冒頭で「リーメントに似ている」と述べましたが、よく見たらやはり、精密さという意味ではリーメントに負けるかもしれません。

ですが これはこれで、味があっていいと思います。


こちらの商品、2022年現在、すべて品切れ状態。

コンプは「買取価格3,500円」とあるので、8千円前後で買えそうです。

(もちろんプレミア価格ですが、リーメントに比べるとお値打ちに感じますね。)


お探しでしたら、「入荷待ちリスト」へ。↓↓




大人買いを楽しむ男、ハピたけ

ミニチュア好きアラフォー。 コンプはなかなかできないけど、読んでくれた方が「こんなのあるんだ」「これいいな!」と新たな発見をしてくれたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする