【2024年版】駿河屋にミニチュアを売ったらどうなるか? 今年も検証します


今さらですが、わたしはミニチュアが大好きです。

やっぱりフード(食品)系ミニチュアはイイ!

どの作品も、小さいのに精巧。

もはや芸術です。

だけど、ずっと持っておくようなことはしません。

ある程度 満足したら売っちゃいます。

その方が部屋が片付くし、お金にもなりますから。

駿河屋にミニチュアを売るメリット

本当はね、今まで紹介させていただいた どのミニチュアにも 愛着 はあるのです。

しかし膨大な量のミニチュアは、保管場所が要ります。

このようにケースに入れて保管していた時もありましたが ↓↓

ミニチュアをセリアのSIKIRIシリーズに入れる (1)

しかし やはり、最終的には手放してしまいますね。

売却先は駿河屋だったりメルカリだったり。

でも手間を考えると、駿河屋に一任したほうがラク ではあります。

それについては過去に「売却記録」としてお伝えしてきましたが ↓↓



メルカリなどのC to Cサイトに売る時は、

  1. 出品作業(写真を撮る、商品説明を書く、など)をする
  2. 売れたら取引連絡をする
  3. 梱包し、発送し、発送通知をする
  4. 届いたら双方評価して、完了

という流れですよね?

でも駿河屋などの買取をしてるネットショップに送る時は、

  1. 買取を申し込む
  2. 梱包する
  3. 発送する

これだけで済むので、ラクなんですよね

それに、メルカリは いつ売れるかも分からない。

必ず売れるとは限らない。

でも駿河屋は、とりあえず商品ページがある商品は、不備がない限り100%買い取ってくれますからね。

メルカリのように「待ちぼうけ」を喰らうことが無い。

(※画像準備中)

↑↑ 現在、まちぼうけを食らっている商品たち。

なかなか売れなくて困ってます(汗)

今でも駿河屋は「適正価格」で買い取ってくれるのか?

ということで、今回は久々に、駿河屋へミニチュアを売ったらどのくらいになるか? の検証をしたいと思います。

昨年までの売却記録を あらためて見てみると、ミニチュア1個の平均価格 は、

  • 2022年11月 ⇒ 1個100円
  • 2022年12月 ⇒ 1個200円
  • 2023年1月 ⇒ 1個100円
  • 2023年2月 ⇒ 1個75円
  • 2023年2月(2回目) ⇒ 1個40円~50円
  • 2023年5月 ⇒ 1個57円
  • 2023年7月 ⇒ 1個18円

てな感じで、ご覧のとおり大分 単価が下がってきています(汗)

でも、今回は違いますよ?(←気合十分)。

今回送るのはコレらだ! ↓↓

例のごとく、キレイに梱包しましたよ。

ミニチュアのみ、実に 112点

コンプも結構あるし、単品で「買取価格700円」と書いてあったものもあるし。

今回はイケると思うのですがね。

いつもは本など余計なモノが入るので、確実な結果は分かりませんでした。

(「あんしん買取」と違って、「かんたん買取」は一つ一つの査定結果が分からないため。)

でも今回は あえて、ミニチュア(トレーディングフィギュア・カプセルトイ類)だけを送りました。

なので、分かりやすい結果が出そうです。

予想

予想は、「1個平均50円」と ちょっと弱気で見積もり、50円×112個=5,600円前後になるのではないかと。

もし これよりも低かったら「なんで??」ってことになり、「もう駿河屋はオワコン」と書かざるを得ない。

逆にコレよりも高かったら、「さすが駿河屋、やはり 適正価格 で買い取ってくれるんだな」となるでしょう。

駿河屋は「売り」も「買い」も大変良心的で、このサイトでも推しに推してきた お店ではありますが。

時代の流れとともに、段々「旨み」が無くなってきているのも事実なのでね。

あまり高望みはしない方がイイかと。


ということで、査定結果を待ちたいと思います。

果たして・・・?

2024年2月の買取記録

結果が出たので、お知らせします。

———————————————————————
[合計金額]
査定商品数              99件

査定商品合計              \7,004

通信買取手数料(銀行振込)  -660 

合計金額          \6,344
———————————————————————

※「査定商品数」が実際より少ないのは、コンプを「1」とカウントするからですね。

まあ そんなこんなですが、査定額は7,004円、手数料を引かれて6,344円。

7004円÷112点=62.5円(1個)

6344円÷112点=56.6円(1個)

う~ん、まあ、こんなもんでしょうね。

「1個700円買取」とか価値のあるモノもありましたが、反面、買取できない(値段が付かない)商品もあったかもしれないし。

まとめ

ということで、まあ 予想通り な感じはしました。

「昔だったら もうちょっと高かったのでは?」という気持ちもあるのですが、一つ一つの査定額は分からないので、あくまで予想の範疇を出ません。

ただ、どうなのかな?

ヤフオクやメルカリで売っても、大体このくらいじゃないかな? とは思うのですよ、経験上。

なので、やっぱり駿河屋に まとめて売った方がラクかな、というのが今年も結論です。

参考になりましたら幸いです。

駿河屋あんしん&らくらく買取



コメント

タイトルとURLをコピーしました