ゲゲゲの鬼太郎のおもちゃ「ゲゲゲハウス」について|全種紹介します

DXゲゲゲハウス 「ゲゲゲの鬼太郎」

初代「ゲゲゲハウス」から「DXゲゲゲハウス」まで、完全紹介。



昔、「ゲゲゲハウス」というオモチャがありました。

今考えると、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のドールハウス的存在のおもちゃでした。

今もシリーズ続編など出ていますが、わたしが遊んでいたのは幼稚園~小学生のころ。

40年近くも前になります。

今回 懐かしさも相まって、ちょっと歴代のゲゲゲハウスを振り返りつつ、まとめてみました。

ゲゲゲハウスが好きな方、興味のある方はお楽しみいただけましたら幸いです。

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲハウス

  • (株) バンダイより1985年12月発売
  • 定価1,000円~
  • 全9種
    1. ゲゲゲハウス
    2. 砂かけババアの妖怪アパート
    3. こなきじじいの家
    4. ねずみ男のゆうれい電車
    5. 一反もめんの家
    6. ぬりかべの家
    7. ゲゲゲ妖怪城
    8. 霊界郵便局
    9. やまびこ温泉



まずは、元祖「ゲゲゲハウス」の紹介からいってみます ↓↓

ゲゲゲハウス


ゲゲゲハウスの記念すべき1作目は、そのまんま「ゲゲゲハウス」という名前でした。

鬼太郎の家がモチーフです。

ドアや窓が開いたり、お墓の底がスタンプになっていたりと、ちょっとした遊び心もありました。

余談ですが、この [シリーズ1作目] に関しては、CMも作られています ↓↓

ナレーションは目玉おやじ(当時の声優:田の中勇さん)ですね。

いや~懐かしい!

時代を感じますね。

砂かけババアの妖怪アパート


この「砂かけババアの妖怪アパート」、子供のころ欲しかったけど手に入らず、大人になってから おとな買い をしました。

コチラの記事に詳しいディテールを載せているので、よろしければご一読ください ↓↓



こなきじじいの家


また個人的な話で恐縮ですが、この「こなきじじいの家」は弟が持っていました。

わたしはと言うと、「ねずみ男のゆうれい電車」。

何となくですが、きな臭いねずみ男よりは、鬼太郎の仲間であるこなきじじいの方がいいなと思っていた記憶があります(笑)

(一反もめんが付いているのも羨ましかったですね。)

ねずみ男のゆうれい電車


そう、これです持ってたのは。

懐かしい!

確かレールがバネ仕掛けで、電車が少しですが進むのです。

ねずみ男だけでなく鬼太郎もついてるし、これはこれで子供心に楽しんだ記憶が。

それにしても、今見たら2万円近くの値がついています。

今持ってたら売ったかもしれない(笑)

一反もめんの家


これも子供心に、非常に欲しかった覚えがあります。

(幼稚園児に買えるわけないのですが。)

一反木綿が 物干しざお にぶら下がっているという、この絵面がいいですよね。

ぬりかべの家

こちらは画像なしで失礼します。

というのは、この「ぬりかべの家」、駿河屋にもアマゾンにも楽天にも商品ページが無いのです。

(楽天で検索したら、「かべ塗り用塗材」がたくさん出てきました)笑

それだけ入手困難品なのでしょう。

ヤフーやグーグルで画像は出てきましたが、広告用に用意されている素材ではないため、こちらに載せるわけにはいきません。


なので、ひとまずグーグルの画像検索結果で雰囲気を見てもらえばと思います。

「ゲゲゲハウス ぬりかべの家」グーグル画像検索結果

ご覧のとおり、ぬりかべの家はやはり、塗りたての壁みたいな家ですね(笑)

天井すらないですからね(笑)

ゲゲゲ妖怪城

こちらも駿河屋などに商品ページが無く、唯一アマゾンにありましたが、価格が5万円とか!

プレミア価格もいいところです。

お城なので、これまでのラインナップをより豪華にした感じの商品になっています。

霊界郵便局

こちらもどこにも売っていないため、画像なしで失礼します。

「霊界郵便局 ゲゲゲハウス」グーグル画像検索結果

やはりこれまでのラインナップとは様相が違い、若干縦長の商品ですね。

鬼太郎以外に、郵便局のおじさん(?)のケシゴム人形などが入っているようです。

やまびこ温泉


ラインナップ最後の商品は、「やまびこ温泉」です。

このやまびこって、他のラインナップにも何気に入ってたりします。

砂かけババアの妖怪アパート

↑↑ こんな感じで。

なぜかは分かりませんが。


ということで ここまでは、初期(1985年ごろ発売)のゲゲゲハウスのラインナップでした。

続いては、それ以降の続編について書かせていただきます ↓↓

「DXゲゲゲハウス」シリーズ

続編として、「DXゲゲゲハウス」というものがあります。

文字どおり、従来のゲゲゲハウスをよりデラックスにしたものらしいのですが、一体どんな商品なのでしょうか?

ゲゲゲの鬼太郎 DXゲゲゲハウス


まずは文字通り、「DXゲゲゲハウス」という商品。

オリジナルが1985年発売なのに対し、その11年後である1996年に発売されたもの。

マグネット式のしかけをはじめ、あいかわらず妖怪ポストも完備されてるし、その他「妖怪自動車」なども。

鬼太郎、目玉のおやじ、ねずみ男、ぬりかべの人形も付いています。

ゲゲゲの鬼太郎 スライムであそぶんじゃ! DXゲゲゲハウス 


2018年発売 と、比較的新しい商品。

「メーカー希望小売価格 7千円以上」と、なかなかのお値段。

(でも今は駿河屋で、千円前後で買えます。)

スライム付きで、より「遊び心」が満載になりました。

こちらは実際に買ったことがありますので、ディテールなど詳しいことが知りたい方はぜひご一読下さい ↓↓



なお蛇足ですが、スライムは別売りもしていると書かれています。


同じバンダイじゃなくて、メガハウスの商品を使うところがおもしろい。

ゲゲゲの鬼太郎 スライムであそぶんじゃ! DXゲゲゲハウス 強襲! たんたん坊 


こちらはさきほどの「スライムであそぶんじゃ!」の たんたん坊バージョンで、翌年(2019年)発売されました。

オリジナルとの違いは、

  • 屋根が「たんたん坊」になった
  • 従来のキャラクターに加え、あらたに「猫むすめ」が加わった
  • その分、定価が千円高くなった

という点でしょうか。

それ以外は全く同じで、スライムを流し込んで遊ぶ仕様。

ゲゲゲの鬼太郎 スライムであそぶんじゃ! DXゲゲゲの運動会セット


スライムを使って、4つの競技に挑戦する「運動会バージョン」まで出ました!

フィギュアは 鬼太郎 と 猫娘 の2体のみですが、

  • 一旦もめんの墓場渡り
  • 鬼太郎の墓場ラリー
  • ねこ娘の棒高跳び
  • 人魂探し競争

の4つの競技が楽しめ、より 遊びごころ満載の商品 となっています。

(スライムの色も、緑からオレンジ色に変わっています。)

ゲゲゲハウスの入手方法

お伝えしたとおり、ゲゲゲハウスは1985年から現在まで、いろいろなラインナップを展開しています。

最近発売のものはともかく、昔のものはどこで手に入れたらいいでしょうか?

まずはいつも推している「駿河屋」です。

ただ、駿河屋は長いこと「品切れ」状態です ↓↓



なので「入荷待ちリスト」に入れておくことをおススメしますが、待てない方は ヤフオクメルカリ を利用するのも手でしょう。

ヤフオクやメルカリは、だれかが押し入れの隅にあったオモチャを出品してくれる確率が比較的高いです。


尚、アマゾンにもありますので、たまにチェックするといいかもしれません。

(正規のプライムとかではなく個人出品が多いため、やはり割高ですが。)



まとめ

ということで、今回は「ゲゲゲハウス」についてお伝えしました。

あくまで個人的な感想ですが、このオモチャは

小さな人形 + 家

という構成なので、ミニチュア好きのわたしとしては、どことなく

ミニチュア + ドールハウス

のような感じに思えるのです(笑)

だから小さい時から好きだったのかな、と勝手に自分を分析してみたり^^;

まあそれは置いといて、ゲゲゲハウスは全国的にけっこう売れた商品なので、これを読んだ方は

「懐かしい!」「持ってた!」

という方も多いのではないでしょうか。

ぜひ 今一度手に入れてみて、あの頃の気持ちに帰ってみて下さい。

きっと楽しいと思います。


以上、「ゲゲゲの鬼太郎のおもちゃ「ゲゲゲハウス」について」でした♪


大人買いを楽しむ男、ハピたけ

ミニチュア好きアラフォー。 コンプはなかなかできないけど、読んでくれた方が「こんなのあるんだ」「これいいな!」と新たな発見をしてくれたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする