コミカルなキャラが愛おしい(?)、キン肉マンのマイナーなキャラクターたち【キン消し】

このほど、4年ぶりにキンケシを買いました。

キン消し(ティーパックマンなど)5体


※ちなみに以前の記事はこちら↓

 


今回は単品買いで5つ

何を買ったのかは次からお話しさせていただきますが、おそらく「なぜそれを選んだ?」とツッコむと思います(笑)

一番好きなキャラは〇〇マン(笑)

みなさんはキン肉マンに登場する超人たちで、一番好きなキャラクターは誰ですか?

キン肉マン? テリーマン? ウォーズマン? ロビンマスク?

それともアデランスの中野さんでしょうか?(笑)

・・・僕ですか?

僕は、ティーパックマン です(笑)

キン消し(ティーパックマンなど)5体

まさかのチョイスにズッコケた人も多いかと思います(笑)

そう、マイナーですよね。

なんて言うか、自分の頭(紅茶)にティーバッグを付けて重くして、それを振り回すというなんとも斬新な(?)技がおかしくて^^;

↑この時は悲しいかな、ウォーズマンの容赦ない攻撃(ベアークロー)にやられてしまいますが。

そもそもはティーバッグがコーナーポストに絡まってしまうという、なんともマヌケな敗因なんですよね^^;

それにしても、ウォーズマンの攻撃は今見ると結構怖いですよね。

後に作者は、このベアークローのスクリュー・ドライバーという技があまりにも残虐的な描き方で反省・後悔したと述べています。

初期の頃はウォーズマンは残虐性があったし、テリーマンも悪役でした。

それが後に正義超人になるのですから、分からないものです。

マイナーなキャラほど愛おしい(?)

他にもウォッチマンとかキューブマンとかチエノ輪マンとかベンキマンとかカニベースとか、いわゆる超人オリンピックとかその辺りのキャラに愛着を感じるんですよね。

↑こういうほのぼのした対戦は、後のシリアス路線では絶対にありえませんからね(笑)

確かに7人の悪魔超人編も黄金のマスク編も夢の超人タッグ編も面白かったですよ?

でも、あの初期の頃に出ていた何とも個性的なキャラ。

マヌケ(と言っては失礼ですが^^;)なキャラが妙に愛おしかったな~と思うんですよね。

(あくまで個人的見解です、はい。)

※ちなみに近年、ティーパックマンはムキムキになって再登場したらしいです↓

全然知りませんでした。

ゆるキャラ的な超人のキン消し5体

さて、今回買ったのはティーパックマンだけではありません。

キン消し(マイナーキャラクター)5体

ウォッチマン、キューブマン、オイルマン、チエの輪マン

先ほど述べた、比較的初期の頃に出てきたコミカルなキャラクターのキン消しです。

全て同じ出品者さんからの購入で、1体100円(キューブマンのみ85円)+送料198円で、合計683円というお値打ち価格で手に入りました。

以下、ディテールです↓

キン消し(ティーパックマンなど)5体

先ほどのティーパックマンを上から見たところ。

ぷちサンプルではないので、さすがにざっくりした作りです。

(ぷちサンプルなら、ティーバッグが紅茶に浸ったところも再現されていたでしょう)笑

キン消し(ティーパックマンなど)5体

この何とも言えない目つきがいいですね(笑)

キン消し(ティーパックマンなど)5体 (10)

(左)チエノワマン、(右)ウォッチマン。

ウォッチマンはこんな感じで↓

これまた脇役もいいところで、完全に主要人物たちのかませ犬的扱い(ひどいw)

キン消し(ティーパックマンなど)5体

(左)キューブマン、(右)オイルマン

この2人はよく見たら、同じ目をしてるんですね(笑)

キン消し(ティーパックマンなど)5体

つぶらな瞳がなんとも愛くるしい(笑)

キン消し(マイナーキャラクター)5体

「前にならえ!」 知恵の輪マンだけやたら薄いですね(笑)

「ティーカップマン」ではない

余談ですが、ティーパックマンは「ティーカップマン」と勘違いしていませんでしたか?

僕はしていました(笑)

今回あらためて「ティーパックマン」だと再確認しましたが、正直「ティーカップマン」でもしっくりくる気がします。

(だって、頭がまんまティーカップですから^^;)

ちなみにカレクックと言い、頭に食べ物・飲み物系が乗ってるキャラは露骨に頭が弱点になるので、見ていて滑稽ですよね^^;

キン肉マン超人総選挙2019

週刊プレイボーイの人気企画である「キン肉マン超人総選挙」。

2019年の結果を見てみると↓

1位 キン肉マンソルジャー
2位 悪魔将軍
3位 ロビンマスク
4位 キン肉マン
5位 ウォーズマン
6位 ザ・ニンジャ
7位 バッファローマン
8位 ブロッケンJ r.
9位 アシュラマン
10位 キン肉マンビッグボディ
11位 シルバーマン
12位 キン肉マンスーパーフェニックス
13位 キン肉マングレート(初代)
14位 ラーメンマン
15位 ジャスティスマン
16位 ブラックホール
17位 ネプチューンマン
18位 キン肉マンマリポーサ
19位 サイコマン(グリムリパー)
20位 テリーマン
21位 マンモスマン
22位 ネメシス
23位 ザ・マン(ストロング・ザ・武道)
24位 ペンタゴン
25位 オメガマン・アリステラ
26位 ウルフマン
27位 パイレートマン
28位 ステカセキング
29位 モンゴルマン
30位 レオパルドン
31位 キン肉マンゼブラ
32位 アトランティス
33位 プリンス・カメハメ
34位 サンシャイン
35位 ジェロニモ
36位 ガンマン
37位 マリキータマン
38位 カナディアンマン
39位 ペインマン
40位 ジャンクマン
41位 サタンクロス
42位 オメガマン・ディクシア
43位 スプリングマン
44位 キン肉マングレート(2代目)
45位 アレキサンドリア・ミート
46位 カレクック
47位 ビッグ・ザ・武道
48位 ベンキマン
49位 ティーパックマン
50位 ブロッケンマン
51位 ミラージュマン
52位 ソルジャーマン
53位 ヘイルマン
54位 キン肉タツノリ
55位 スペシャルマン
56位 二階堂マリ
57位 プラネットマン
58位 与作
59位 ビビンバ
60位 中野和雄
61位 ジェシー・メイビア
   カラスマン
63位 ミスターカーメン
64位 ミキサー大帝
65位 アビスマン
66位 ケンダマン
   スニゲーター
   ザ・魔雲天
69位 翔野ナツコ
         デビル・マジシャン
   スカイマン
72位 スクリューキッド
73位 ドクター・ボンベ
74位 キャノン・ボーラー
75位 ナチグロン
76位 チエの輪マン
77位 プリズマン
78位 タザハマさん
79位 バイクマン
80位 キン骨マン
   カニベース
   キング・ザ・100t
83位 ターボメン
84位 プリプリマン
85位 ギヤマスター
86位 キン肉真弓
87位 イワオ
88位 ザ・ホークマン
89位 キューブマン
90位 ペンチマン
91位 シングマン
92位 シシカバ・ブー
   オイルマン
   ルナイト
95位 パルテノン
   ジャンヌ・スティムボード
   ウールマン
   ピークア・ブー
   ミスター・VTR
100位 ポーラマン
     モーターマン


ということで、意外にも今回ご紹介した面々が入っています。

49位 ティーパックマン
76位 チエの輪マン
89位 キューブマン
92位 オイルマン
圏外 ウォッチマン

まあほとんど下位ではありますが、世の中には同じ嗜好の人もいるものだとちょっと嬉しくなりましたね(笑)

ティーパックマンは前述のように、ムキムキになって再登場したから49位になったのでしょう。

(2017年は73位でした。大幅アップですね。)

おわりに

キン消し(マイナーキャラクター)5体 (9)

いかがでしたか?

皆さんも好きなキャラがいるかと思いますが、キン肉マンの登場人物はどれも個性的なキャラクターばかりで、「誰が一番」って決められない人も多いかと思います。

1979年に始まって以来、いまだに新作が出ており、飽きることなく楽しませてくれるキン肉マン、そしてゆでたまご先生たち。

キンケシに思いをはせながら、たまには童心に返ってみては?

↑これプレミア価格で結構する(汗)

↑以前もご紹介した「キン消し子守唄」(笑)


以上、「コミカルなキャラが愛おしい(?)、キン肉マンのマイナーなキャラクターたち【キン消し】」でした。

大人買いを楽しむ男

アラフォー家庭持ち自営業。 昔から細かいディテールものが好きですが、性格は意外とおおざっぱだったりします(笑)。 食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にミニチュアの魅力をお伝えいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする