コミカルなキャラが愛おしい(?)、キン肉マンのマイナーなキャラクターたち【キン消し】

このほど、4年ぶりにキンケシを買った。

キン消し(ティーパックマンなど)5体


※ちなみに以前の記事はこちら↓


今回は単品で5つ

何を買ったのかは今から書くが、おそらく読者の皆さまは「なぜそれを選んだ?」とツッコミたくなるだろう(笑)

「キン肉マンで」一番好きなキャラは?

みなさんはキン肉マンに登場する超人たちで、一番好きなキャラクターは誰だろうか?

キン肉マン? テリーマン? ウォーズマン? ロビンマスク?

それとも、アデランスの中野さんだろうか?

筆者は、ティーパックマンである(笑)

キン消し(ティーパックマンなど)5体

分かっている。マイナーだ。

なんて言うか、自分の頭(紅茶)にティーバッグを付けて重くし、それを振り回すという、ある意味斬新な(?)技がおかしくて。

↑最終的にはご存知、ウォーズマンの(ベアークロー)にやられてしまうわけだが。

ティーバッグがコーナーポストに絡まってしまうという、なんともマヌケな敗因だ(笑)

それにしても、ウォーズマンの攻撃は今見ると結構怖い。

後に作者は、このベアークローのスクリュー・ドライバーという技が「あまりにも残虐的な描き方で反省・後悔した」と述べている。

初期のウォーズマンは残虐性があったし、テリーマンもヒールだった。

それが後に正義超人になるのだから、分からないものだ。

マイナーなキャラほど愛おしい(?)

他にもウォッチマンとかキューブマンとかチエノ輪マンとかベンキマンとかカニベースとか、いわゆる超人オリンピックとかその辺りのキャラに愛着を感じるのである。

↑こういうほのぼのした対戦は、後のシリアス路線ではありえない(笑)

確かに「7人の悪魔超人編」も「黄金のマスク編」も「夢の超人タッグ編」も面白かった。

でも、初期の頃に出ていた、あの何とも形容しがたいキャラ。

ちょっとマヌケなキャラが、妙に愛おしかりするのである。

(あくまで個人的見解です。)

※ちなみに近年、ティーパックマンはムキムキになって再登場したらしい↓

知らんかった。

ゆるキャラ的な超人のキン消し5体

さて、今回買ったのはティーパックマンだけではない。

キン消し(マイナーキャラクター)5体
ウォッチマン、ティーパックマン、オイルマン、キューブマン、チエの輪マン

先ほど述べた、比較的初期の頃に登場したコミカルなキャラクターたちだ。

キン消し(ティーパックマンなど)5体

ティーパックマンを上から見たところ。

ぷちサンプルではないので、さすがにざっくりした作り。

キン消し(ティーパックマンなど)5体

この何とも言えない目つきがいい(笑)

キン消し(ティーパックマンなど)5体 (10)
(左)チエノワマン (右)ウォッチマン



ウォッチマンはこんな感じで↓

これまた脇役もいいとこで、完全に主要人物たちのかませ犬的扱い(ひどいw)

キン消し(ティーパックマンなど)5体
(左)キューブマン (右)オイルマン

この2人はよく見たら、同じ目をしている(笑)

キン消し(ティーパックマンなど)5体

つぶらな瞳がなんとも愛くるしい(笑)

キン消し(マイナーキャラクター)5体

前にならえ。

当然ながら、チエノワマンは薄い。

「ティーカップマン」ではない

ティーパックマンのことを「ティーカップマン」と勘違いしている人がいるらしい。

筆者のことなのだが(笑)

今回あらためて「ティーパックマン」だと再認識したが、正直「ティーカップマン」でもしっくりくる気がする。

(だって、頭がティーカップなんだもん。)

ちなみにカレクックもそうだが、飲食系のキャラは、露骨に頭が弱点になるので、見ていて滑稽である(笑)

キン肉マン超人総選挙2019

週刊プレイボーイの人気企画である「キン肉マン超人総選挙」。

2019年の結果を見てみると↓

1位 キン肉マンソルジャー
2位 悪魔将軍
3位 ロビンマスク
4位 キン肉マン
5位 ウォーズマン
6位 ザ・ニンジャ
7位 バッファローマン
8位 ブロッケンJ r.
9位 アシュラマン
10位 キン肉マンビッグボディ
11位 シルバーマン
12位 キン肉マンスーパーフェニックス
13位 キン肉マングレート(初代)
14位 ラーメンマン
15位 ジャスティスマン
16位 ブラックホール
17位 ネプチューンマン
18位 キン肉マンマリポーサ
19位 サイコマン(グリムリパー)
20位 テリーマン
21位 マンモスマン
22位 ネメシス
23位 ザ・マン(ストロング・ザ・武道)
24位 ペンタゴン
25位 オメガマン・アリステラ
26位 ウルフマン
27位 パイレートマン
28位 ステカセキング
29位 モンゴルマン
30位 レオパルドン
31位 キン肉マンゼブラ
32位 アトランティス
33位 プリンス・カメハメ
34位 サンシャイン
35位 ジェロニモ
36位 ガンマン
37位 マリキータマン
38位 カナディアンマン
39位 ペインマン
40位 ジャンクマン
41位 サタンクロス
42位 オメガマン・ディクシア
43位 スプリングマン
44位 キン肉マングレート(2代目)
45位 アレキサンドリア・ミート
46位 カレクック
47位 ビッグ・ザ・武道
48位 ベンキマン
49位 ティーパックマン
50位 ブロッケンマン
51位 ミラージュマン
52位 ソルジャーマン
53位 ヘイルマン
54位 キン肉タツノリ
55位 スペシャルマン
56位 二階堂マリ
57位 プラネットマン
58位 与作
59位 ビビンバ
60位 中野和雄
61位 ジェシー・メイビア
   カラスマン
63位 ミスターカーメン
64位 ミキサー大帝
65位 アビスマン
66位 ケンダマン
   スニゲーター
   ザ・魔雲天
69位 翔野ナツコ
         デビル・マジシャン
   スカイマン
72位 スクリューキッド
73位 ドクター・ボンベ
74位 キャノン・ボーラー
75位 ナチグロン
76位 チエの輪マン
77位 プリズマン
78位 タザハマさん
79位 バイクマン
80位 キン骨マン
   カニベース
   キング・ザ・100t
83位 ターボメン
84位 プリプリマン
85位 ギヤマスター
86位 キン肉真弓
87位 イワオ
88位 ザ・ホークマン
89位 キューブマン
90位 ペンチマン
91位 シングマン
92位 シシカバ・ブー
   オイルマン
   ルナイト
95位 パルテノン
   ジャンヌ・スティムボード
   ウールマン
   ピークア・ブー
   ミスター・VTR
100位 ポーラマン
     モーターマン


・・・ということで、意外にも今回ご紹介した面々が入っていた。

49位 ティーパックマン
76位 チエの輪マン
89位 キューブマン
92位 オイルマン
圏外 ウォッチマン

まあほとんど下位ではあるが、世の中には同じ嗜好の人もいるものだと、ちょっと嬉しくなった(笑)

ティーパックマンは前述のように、ムキムキになって再登場したから49位になったのかも。

(2017年の73位から、大幅アップだ。)

まとめ

キン消し(マイナーキャラクター)5体 (9)

いかがだっただろうか?

皆さんも好きなキャラがいるかと思うが、キン肉マンの登場人物はどれも個性的なキャラクターばかりで、「誰が一番」って決められない人も多いと思う。

1979年に始まって以来、いまだに新作が出ており、飽きることなく楽しませてくれるキン肉マン、そしてゆでたまご先生たち。

キンケシに思いをはせながら、たまには童心に返ってみよう。

↑プレミア価格!

↑「キン消し子守唄」

追記

これを執筆の際、興味深いものを見つけた↓

ティーパックマン紅茶

ティーパックマンの目が描かれたシールを、手持ちのカップに貼るだけで、ティーカップマンになるらしい(笑)

完全なるジョークグッズだが、こんなの出てるなんて知らなかった。

好きな方はぜひ。


大人買いを楽しむ男

1978年生まれのキンケシ、ビックリマン、ミニ四駆、FC・メガドラ、ストⅡ世代。 昔からなぜか、細かいディテールものに芸術性を感じるクチ。 (でも、性格は意外と大雑把な面もあったり)。  食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にその魅力をお伝えしたく、筆を執る日々。 どうぞよろしくお願いいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする