キンケシ(キン消し)の話~レアなものは40万円の高額にも!

こんにちは。大人買いを楽しむ男です。

今日はキンケシ(キン肉マン消しゴム)についてお話させていただきます。

キン消し
キン消し

と言っても相変わらず僕が持っていた物はそんなに多くないため、

ディテール的に乏しいところがありますが、

雰囲気だけでもお楽しみいただけたらと思います。

キンケシを「懐かしい!」と思う世代の方、

またはキンケシを知らない方にも楽しんでいただけましたら幸いです。

キンケシ(キン消し)とは?

キンケシは、正式には「キン肉マン消しゴム」と言います。

(2008年からは「キンケシ」が正式な名称として商標登録されました。)

当時大ヒットしたマンガ「キン肉マン」の造形玩具(消しゴム人形)として、

バンダイより1983年から発売されました。

まあ「消しゴム」とは言ったものの、えんぴつの文字は消せません。

あくまで「おもちゃ」という位置づけです。

イワコーのおもしろ消しゴム
イワコーのおもしろ消しゴム

(そういう意味では、イワコーのおもしろ消しゴムは普通にえんぴつの文字も消せるので、優秀ですね)笑

ほとんどはカプセルトイ(ガチャガチャ)でしたが、中にはお菓子のおまけだったり、

あとこれは一部のマニアしか知らないと思いますが、に付いていたこともあるんですよ!(笑)

(↑↑子供靴(シューズ)におまけとして付いていた。)

まあそんなマニアックな商品は置いといて(笑)、

普通はガチャガチャで、1回100円で2体入っておりました。

キンケシの種類

キン消しにはいろいろな種類があります。

普通の塩ビ人形に加え、伸縮性のあるもの(通称「ファイツ人形」)。

それから、「ワザケシ(技消し)」というものもあります。

これは、一方がもう片方に技をかけているところを再現したキンケシです。

二体一組がセットで成り立つキンケシですね。

キンケシのカラー

ガチャガチャで買えるような普通のキン消しの色は、

基本的に赤・青・黄色・緑・オレンジの5色です。

ですが、中にはちょっと変わった色のもの(黒・ベージュ・クリアカラー・ラメ入りなど)もあります。

キン消し
キン消し(いろんな色がある)

僕がうっすらと覚えているのが、6歳くらいの頃かな?

友達と一緒にガチャガチャを引いたのですが、

なぜか友達のだけがラメ入りのウォーズマンでした。

それをものすごく羨ましかったのを覚えています(笑)

ググったら出てきました。多分これです↓↓

ウォーズマン(ラメ入り)
ウォーズマン(ラメ入り)

ウォーズマンが浴衣を着て踊っている、レアな一品。

※画像はまんだらけ通信販売さんよりお借りしました。

キンケシの偽物?

キン消しには偽物(パチモン)が存在します。

キンケシだけじゃなく、当時はビックリマンシールなどでも偽物が出回っていました。

ビックリマンシールは普通、お菓子に付属しています。

ですが、なぜかガチャガチャにたくさんシールが詰まっており、

ロゴも「ロッテ」ではなく「ロッチ」でした(笑)

当然、本家ロッテに訴訟を起こされて、偽物シールはもはや幻となりました。

そんな感じでキンケシにもパチモンが存在したのですが、

こちらはなぜかそれも一つの文化という風潮があり、

「パチモン」+「キンケシ」で「パチ消し」などと呼ばれたりもしています。


以前書いたこちらの記事も参考になるかと思います↓↓

 

キンケシは、レアなものは高額で売れることも

最近は「キンケシプレミアム」という名前で復刻版が出ているようですが、

レアものと言えばやはり、当時ものです。

たとえば、「キン肉マン スーパー・フェニックス」が5万円で売れたり、

「ネプチューンマン」が3万円で売れたりとか、

ざらにあるそうです(羨ましい!)

今までの最高額は、僕が聞いた中では「マンモスマン」や「ミスター般若」の40万円台だった気がします。

ちなみに僕は、過去にヤフオクでこちらを落札しました↓

一体いくらだったと思いますか?

なんと、40体で1,160円です。

多分パチ消しも混ざっていたと思いますが、

それにしても、上記のプレミア価格とは雲泥の差ですね。

キンケシを塗装すると高く売れる(?)

世の中には、キン消しを塗装するいわゆる「キンケシ塗装職人」がいます。

(僕が勝手に名付けました)笑

文字通りキンケシを上手に塗装するわけですが、

これがメルカリやヤフオクなどのオークションサイトで、

意外といいお値段で売れているようなのです。

さすがに高値ものには塗装しないでしょうが。

割と量産されているようなものに、色を付けて「一点もの感」を出していくのでしょう。

キンケシ おススメの本

ビックリマンシール」や「ガンダム」など、昭和の懐かしいものを紹介する書籍は結構あります。

しかし「キンケシ」に特化した本は意外に見当たりません(Kindleで一つ見つけましたが。後述します。)

そこで、昭和のホビーを全般的にお楽しみいただける本を一冊ご紹介いたします。

「日本懐かしおまけ大全」です。

あの頃に流行った懐かしい玩具やおまけがたくさん載っています。

昭和生まれの方は「懐かしい!」と思うはずです。

(キンケシも載っていますよ。)

この「日本懐かし」はシリーズとして色々出ているので、

昭和生まれの方は読んでみるといいかもしれません。

アマゾン 「日本懐かし」検索結果


あと、キンケシに特化した本をKindleで見つけました。

無料サンプルを見ましたが、「はじめに」と「目次」しか見ることができず、

しかも全部で14ページしか無いという。

評価にもあるように、おそらく自身が所持しているキンケシを

ざっと紹介しているだけではないでしょうか?

なので(自分が読んでないので)おススメはできませんが、

こういうのもあるよ、ということだけお伝えしておきます。

キンケシ ギャラリー

ということで、いつものように、僕が持っている少ない品数で(笑)、

キンケシの魅力が伝わる(?)ギャラリーをお届けいたします。

最後に

いかがでしたでしょうか?

キンケシは歴史が古いですが、いまだに復刻版という形で新作が販売されるほどの人気です。

通販で買えます。 例:アマゾン↓↓

キン肉マン キンケシ10 全19種セット

レア価格になっているものもあるし、なかなか話題が尽きません。

昔のおもちゃって懐かしくて、本当に癒されますよね。

皆さんもぜひ、コレクションしてみてください♪

追記

キンケシには、テーマソングが存在するらしいです。

(キン肉マンの歌じゃなくて、キン消し専用のテーマソングらしい)笑

それがこちら↓


歌詞に、当時の子供の情景や心境がいい具合に反映されています。

いい歌だ(笑)

大人買いを楽しむ男

アラフォー家庭持ち自営業。 異常なまでの「細かいディテールもの好き」 (でも性格は案外おおざっぱ)。 食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にミニチュアの魅力をお伝えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする