メガドライブ最高~ミニ、名作ソフト、おすすめタイトル、価格、トリビアなど

今日はゲームについて語ろうと思います。

メガドライブ
メガドライブ本体とカセット

例のごとく、自分が好きなものを紹介するスタンスになりますが。

基本的に、このブログは自分が気に入っているものしか紹介しません。

アフィリエイトのために興味のないテーマを調べ上げて作るというサイトもありますが、ああいうのが苦手なんです。

やっぱり自分が心から好きなものじゃないと、

良さが伝わらないし、読者のみなさまにも失礼だと思うんですよね。

だからこれからも、本当に好きなものだけ紹介するというスタンスでやっていきます。

前置きが長くなってごめんなさい。

僕が好きなゲームはというと、SEGAのゲームです。

セガのゲームで一番有名なのが「メガドライブ」(ポータブルだと「ゲームギア」)ですね。

メガドライブとゲームギア
メガドライブとゲームギア

僕は学生時代、スーパーファミコンが流行っている時に、

一人孤独にメガドライブをしていました(笑)

周りは圧倒的に「スーファミ派」でしたが、僕だけが「メガドラ派」だったので、

情報に乏しく、よくクソゲーを買って後悔とかしてましたね(笑)

今日はそんなメガドライブについてご紹介いたします。

メガドライブとは?

メガドライブは、セガ・エンタープライゼス(※)という会社から

1988年に発売されたゲーム機です。

(※現在は「セガゲームス」という社名に変更になっています。)

若い方は知らないかもしれませんが、

「黒いゲーム機」と言えば「ああ、何となく見たことある」と思うかもしれません。

駿河屋 メガドライブ ハード

メガドライブのウリは「16BIT!」

発売当時、メガドライブのキャッチコピーは「時代が求めた16ビット」でした。

本体にもでかでかと「16-BIT」と載ってますよね↓

メガドライブのウリは「16ビット」
メガドライブのウリは「16ビット」

「16ビット」って言われてもピンとこないと思います。

僕もそうでした。

ただ何となくすごいのかな?というイメージはしていましたが。

今調べてみると、「8ビット=1バイト」らしいです。

ということは、16ビット=2バイト。

単位を小さい方から順に並べると、

1Bit(ビット) 1Byte(バイト)< 1KB(キロ・バイト)< 1MB(メガ・バイト)< 1GB(ギガ・バイト)< 1TB(テラ・バイト)< 1PB(ペタ・バイト)

お分かりのように、現代の技術から見ると、16ビットはめちゃくちゃ「ちゃちい!」です(笑)

でも、当時は最先端だったんですよね。

確かにグラフィックや音楽、操作性などを見ても、

ファミコンとは比べ物にならないくらいの出来でした。

↑SEGAの代表ゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を初めてやったときなんか、「うわ、すごい!」って思いましたもんね。

メガドライブのコントローラー

メガドライブのコントロールパッドはA・B・Cの3ボタンで、

これも当時は画期的でしたね。

アマゾン「メガドライブ コントローラー」

結構大きめでした。

後に、6ボタンパッドも発売されました。

駿河屋「メガドライブ コントローラー 6B」

小型になり、方向ボタンも滑らかになり、より操作しやすくなりました。

当時のメガドライブのハード・ソフトの値段

メガドライブ本体は、当時21,000円でした。

結構高いですよね。

中学生当時、僕が持っていたのは確か「メガドライブ2」の方だったと思います。

(「メガドライブ2はメガドライブの廉価版で、価格は12,800円でした。)

ソフトについては忘れましたが、確か5,000円~7,000円が相場だったと思います。

今考えると、全体的に高いですよね。

なので、僕はソフトもたいがい中古でそろえてましたね。

メガドライブソフト
中古で持っていた

メガドライブ ミニ

2019年9月19日、満を持してファン待望の「メガドライブ ミニ」が発売されました。

駿河屋 メガドライブミニ

ファミコンやスーファミの復刻版は出ていましたが、

「ついにメガドライブも!」という感じですね。

※ちなみに、来年2020年3月には「PCエンジン mini」も発売されるようです。

この復刻シリーズのいいところは、

  • サイズがかなり小さくなっている
  • ソフトが内蔵されているので、カセットを買って入れる必要がない
  • 「どこでもセーブできる機能」などが付いている

という点ですね。

価格も6,980円(税抜)と、30年前に比べたらかなり安いです。

メガドライブ ミニ タイトル一覧

このメガドライブミニには、40本のソフトが内蔵されているようです。

ラインナップはこちら↓

ダライアス
テトリスR
アリシアドラグーン
コラムス
重装機兵レイノス
スノーブラザーズ
スラップファイト
ダイナマイトヘッディー
モンスターワールIV
ラングリッサーII
ロードモナーク とことん戦闘伝説
ロード・ラッシュII
ゴールデンアックス
ザ・スーパー忍
ストーリー オブ トア ~光を継ぐ者~
ストリートファイターIIダッシュプラス CHAMPION EDITION
大魔界村
タントアール
パーティークイズ MEGA Q
ファンタシースター ~千年紀の終りに~
幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~
ロックマンメガワールド
アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス
ゲームのかんづめ お徳用
魂斗羅 ザ・ハードコア
サンダーフォースIII
スーパーファンタジーゾーン
ダイナブラザーズ2
ハイブリッド・フロント
ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌
武者アレスタ
ランドストーカー ~皇帝の財宝~
ガンスターヒーローズ
コミックスゾーン
シャイニング・フォース ~神々の遺産~
スペースハリアーII
ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
VAMPIRE KILLER(バンパイアキラー)
ぷよぷよ通
魔導物語I
レッスルボール
レンタヒーロー


はい、すごいです。

アクション、RPG、シューティング、パズル、アドベンチャー、格闘系、ミニゲーム詰め合わせ系など様々ですね。

個人的には、懐かしいものもあるし、プレイしたことが無いものも多数ありました。

また、意外なものもあったし、「これが入ってたらいいな」というものが入ってなかったり。

(ヴァーミリオンとか、バハムート戦機とか、シャイニング&ザ・ダクネスとかおすすめです。)

皆さんはいかがでしょうか?

あの頃メガドラ・フリークだった人は間違いなく欲しくなる商品ですよね。

メガドラタワー ミニ

「メガドライブミニ」の発売と同時に、

こんな商品もアクセサリーキットとして発売されました↓

アマゾン「メガドラタワー ミニ」

メガドラタワー ミニ」です。

当時、メガドライブが登場した3年後ぐらいに、

メガドライブをより進化させた「メガCD」「スーパー32X」などが発売されたのですが、

これが異常に高くて(それぞれ49,800円16,800円)、

周りには誰も持っている人がいませんでした(笑)

で、このオブジェがこの「メガドラタワー ミニ」です。

「ん?メガCDやスーパー32Xのゲームができるのか?」と思いきや、

完全な「飾り物」ですので、皆さまお間違えのないように!(笑)

メガドライブのエミュレータ

余談ですが、皆さんは「エミュレータ」と呼ばれるものをご存知でしょうか?

僕はあまり詳しくないのですが、簡単に言うと

「メガドライブなどのゲームを、PCでやるためのソフトウェア」らしいです。

パソコンでゲームができたら便利ですよね。

アマゾン「エミュレー究極マスター」

個人的に、わが家は家族がいるリビングでゲームをするのはNGなのです。

子供はまだ小さいのでゲームは早いと考えてますし、

ダラダラとゲームをしていては妻にもあまりいい印象を与えません。

なので、自室のパソコンでこっそりなんて目論んでいますが(笑)、まあそれもしないでしょうね。

気になる方は「メガドライブ エミュレータ」で検索してみてください。

メガドライブ トリビア

ここからは、ちょっとしたトリビアをご紹介いたします。

(「その1」はともかく、「その2」「その3」は知らない人が多いと思ったので。知っていたらごめんなさい。)

メガドラ トリビア(その1):海外のメガドラ「「GENESIS(ジェネシス)」

メガドライブは、海外でもヒットしました。

海外では「GENESIS(ジェネシス)」という名前だったらしいです。

僕は正直、「GENESIS(ジェネシス)」という名前は聞いたことがありましたが、

それがメガドライブの海外版とは知りませんでした。

(無知ですね、はい、自覚しております(笑))

ちなみに、こういう機械らしい↓

amazon GENESIS(ジェネシス) mini

まあ当然ながら、メガドライブと似ていますね。

て言うか、ジェネシスもミニ出てたんかい! やるなあセガ。



メガドラ トリビア(その2):メガドライブミニより先に、ゲーム内臓のメガドライブが存在した

前述の「メガドライブミニ」が出る前に、

ゲーム内臓のメガドライブが実はあったのです。

それがこちら↓

駿河屋「メガドライブ プレイTV」

メガドライブ プレイTV

メガドライブのソフトが6本内蔵されいるという。

(正確にはジェネシス(海外版)のソフトだそうです。でも日本で普通に遊べるようです。)

カセットが不要なので手軽に遊べますよね。

これ僕、駿河屋で見つけた時に「欲しい」と思ったのですが、なぜか買わずじまいでした。

値段もそんなに高くないし、ソフトも

「ソニックザヘッジホッグ」「ゴールデンアックス」「ぷよぷよ」

など、名作が入っています。

メガドライブミニは40本入って6,498円(1ソフト162円換算)、

メガドライブプレイTVは6本で1,860円(1ソフト310円換算)。

(※いずれも、駿河屋価格、2019年10月現在)

ということで1ソフトに換算すれば、当然メガドライブミニに軍配があがります。

まあ比較するのはヤボかもしれませんが。

とりあえず、安価で手軽にプレイしたいと思えばメガドライブプレイTVを選べばいいし、

がっつり楽しみたいという方はメガドライブミニの方がいいでしょうね。

メガドラ トリビア(その3):メガドライブ・イメージキャラクター

メガドライブにはイメージキャラクターがいました。

あ、ソニックではありません(笑)

芸能人を起用したイメージキャラクターが存在するんです。

まず一人目は、いとうせいこうさんでした。

↑せいこうさん若っ(笑)

その後、高橋由美子さんに代わりました。

↑こちらはゲームギアのCMですね。懐かしい。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

世の中にはたくさんのゲームメーカーが存在しますが、

やはり青春時代に一番遊んでいたSEGAがどうしても一番良く思えてきます。

そういう意味では、「メガドライブ ミニ」が発売された2019年という今年は、

良い年だったと個人的に思います。

ゲームに限らず、当時夢中になっていたおもちゃなどもそうですが、

こうしていい大人になってから触れてみても、

あの頃の思い出が昨日のことのように思い出されるものです。

皆さんもぜひ、童心に帰って、思い出に浸りながらメガドライブをお楽しみください♪

大人買いを楽しむ男

アラフォー家庭持ち自営業。 昔から細かいディテールものが好きですが、性格は意外とおおざっぱだったりします(笑)。 食玩、トレーディングフィギュア、カプセルトイ、ぷちサンプル、プラモデルなど、「大人の今だから買える楽しみ」(通称:大人買い)の様子をつづりながら、皆様にミニチュアの魅力をお伝えいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする