河合商会 風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」~おそらくシリーズ屈指の難易度です(笑)~

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

小さい風鈴に圧倒される・・・



石焼いも」の興奮も冷めやらぬまま、次の「風鈴屋」の作製に取り掛かった。

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

今回はどんな感じになるだろうか?

河合商会 風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

今回はいつもと違い、最初にある程度の塗装を施した。

(もちろん、クレヨンとマジックでw)

それにしても、今回は作る前からちょっと気持ちが萎えている^^;

というのは、説明書とパーツを見る限り、

風鈴がものすごく小さくて、かなり手の込んだ作業になりそうだからだ。

(今までで一番細かい作業になりそう。)

細かい作業が苦手な私にとっては、これはちょっと憂鬱だ。

しかしせっかく買ったんだから、作る。

早く片付けたいという気持ちもあって、早速取り掛かることにした。

いつ完成するのかは今回も謎であるw

風鈴屋、完成

意外と早く完成した。

(手を抜いたのでw)

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

出来上がりはやはり素晴らしく、ウットリする。

しかし今回も色々と難儀ではあった。

それでは、ディテールを↓

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

まず今回の「風鈴屋」、ベースは「金魚屋」と同じだった。

(屋台、衝立(ついたて)状の家の壁、ゴミ箱、木という組み合わせ。)

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

屋台はパッケージを参考に、緑色にした。

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

ゴミ箱もパッケージを参考に黒マジックで塗ったが、

今回はちょっと汚れた感じになってしまった。

(いくらゴミ箱とは言っても、ちょっと小汚い?^^;汗)

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

今回一番リアルに仕上がったのが、この壁の色味。

こげ茶色のクレヨンで塗っただけ。

前回も書いたが、クレヨンだと完全にキレイに塗れないため、

こうして塗り残しが発生する。

でもこれが結果的に、ものすごくいい味を出す。

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

この風鈴たちがものすごく手間で!

まず、サイズが超超小さい!

そしてこれに糸を通すのだが、長さは「ミリ単位」で指定があり、

しかも糸が通らないものが多数あって。

本当はこの3倍の風鈴を作らないといけなかったのだが、

もう「これで勘弁して状態」だったw

(本当は色も付けたかったが、それも諦めた^^;)

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

この木箱にも風鈴を入れることになっていたが、

もう面倒くさくて、そのまま残ったパーツを投げ入れた

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

屋根の色もパッケージを参考に。

これは「手伝いたい」と言う息子に全部塗ってもらった。

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

屋根を外したところ。

一番手前の棒だけに風鈴が掛かっているが、

本当は3本ともかけるようになっていた。

(本当に勘弁して^^;)

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

後ろから見たところ。

今までで一番難儀(?)

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

いや~いつもながら、完成したら本当に満足。

しかしながら、この「風鈴屋」は今までで一番難儀だったと思う。

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

先ほども述べたが、この風鈴。

本当は全部で18個作らなければならなかった。

無理無理w

ちゃんとしたい人は作るだろうけど、わたしは6本で十分だった。

もし初めて買った風物詩シリーズがこの「風鈴屋」だったら、

「風物詩シリーズってこんなに面倒くさいのか!」と言って、

その後はもう買わなかったかもしれない^^;

それくらい、大変だった。

もうしばらくプラモデルはいいやw

(でもいつかまた絶対、作りたくなるんだろうな~^^;)

まとめ

風物詩シリーズのプラモを破壊

ということで、なんだかんだで6個になった風物詩シリーズ。

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

上空から(ヘリから)撮影w

風物詩シリーズ No.15「風鈴屋」

裏から。

なんか「風鈴屋」で燃え尽きた感がある今日この頃w

でもググってみると、それはまあ魅力的な風物詩シリーズがまだたくさんある。

とりあえず、河合商会(マイクロエース)制覇かなあ・・・

まあ、いつになるかは分からんけど。

とりあえず、熱しやすく冷めやすく、そしてまた火が付いたりと・・・

こういう感じの趣味生活をこれからも楽しみます。


ぜひ作ってみて下さい!



大人買いを楽しむ男、ハピたけ

ミニチュア好きアラフォー。 自営業。 妻子あり。 コンプはなかなかできないけど、限られた予算内でできるだけミニチュアの良さを伝えたいと思ってサイトを運営しています。 どうぞよろしくお願い致します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。